Chic Radical News



« mai 2014 | メイン | juillet 2014 »

juin 23, 2014

ご無沙汰ですねえ

本日写真撮り忘れ.....

ということで何か上げられるかなあ.....と考えまして。



Men's オリジナルブランドの内見会のご案内をいたしましたが

その会場?コレクション??の為の選曲をさせてもらいました。

そのうちの何曲かを、今日はご紹介しておきます。

選曲に興味お持ちの方はご連絡ください。

そんな方は筆者のアドレスをきっとご存知でしょうから(笑)。























ほんの一部ですが。

Have a good Music !







juin 19, 2014

weniger,aber besser (less,but better)
より少なく、より良く

■ディーター・ラムス: グッド・デザインの10の原則


1. Good design is innovative
良いデザインは革新的であること。

2. Good design makes a product useful
良いデザインは実用をもたらすこと。

3. Good design is aesthetic
良いデザインは美的であること。

4. Good design makes a product understandable
良いデザインはわかりやすい製品であること。

5. Good design is unobtrusive
良いデザインは謙虚であること。

6. Good design is honest
良いデザインは誠実であること。

7. Good design is long-lasting
良いデザインは恒久的であること。

8. Good design is thorough down to the last detail
良いデザインは首尾一貫していること。

9. Good design is environmentally friendly
良いデザインは環境に配慮すること。

10. Good design is as little design as possible
良いデザインは可能なかぎりデザインを抑制すること。


Dieter Rams(ディーター・ラムス)
BRAUNデザインチームのチーフとして約40年間に渡り、
500を超える名作を世に送り出した巨匠 “ディーター・ラムス”。
バウハウスデザインの流れを組む“機能が決定するデザイン”は
クロックやウォッチ等多くの製品がMoMAにも所蔵されています。
彼の哲学とも言えるプロダクトデザインの心得とした、
“良いデザインの10カ条”は、現代のデザイナー達にも多大な影響を与え、
現在、世界中で愛用されている携帯電話や
音楽家電等を通じてもその流れを確認する事ができます。


sw14aw620.gif




日時 : 2014年6月20日(金)〜24日(火)
場所 : #5 ヌメロサンク
     京都市中京区御幸町通錦小路上ル船屋町385



皆様のご来場を心よりお待ちいたしております。
螢▲鵐妊ハウス・スタッフ一同


juin 16, 2014

STEALTH WEALTH MENS 2014 / 2015 Autumn & Winter 内見会

sw14aw620.gif




ベーシックでありながら最旬なモードを加え、
現代的で他にはないものに仕上がった、アンディハウスの
オリジナル企画ブランド 「STEALTH WEALTH」 のメンズ秋冬コレクションを、
一足早く、フルラインナップでご覧いただける先行内見会を
#5店におきまして、下記の日程にて開催いたします。




日時 : 2014年6月20日(金)〜24日(火)
場所 : #5 ヌメロサンク
     京都市中京区御幸町通錦小路上ル船屋町385



皆様のご来場を心よりお待ちいたしております。
螢▲鵐妊ハウス・スタッフ一同

juin 13, 2014

M0851 一足お先にお見せします!

IMG_3630.JPG


M0851



この名前に聞き覚えのある方は、古くからの顧客さまか、

若しくはマニアックに?良いモノを追いかけ続けている方かのどちらかでしょう。



古くはラグビー・ノース・アメリカという名前で、レザーのバッグや小物、

ジャケット、パンツに至るまで展開していて、どの雑誌のどの記事を見ても、

その素敵な質感に目を奪われ、一体どこで購入できるのだろう?

いつになったら買うことができるのだろう.....と嘆息をついておりました。

レザー、似合わないのに。(20年近く前のお話です。)



そのラグビー・ノース・アメリカが、商標登録?か何かの兼ね合いで

その名を放棄せざるを得なくなり、M0851という謎な(笑)ブランド名になってから数年後、

たまたま馴染みの商社さんでM0851の取扱いがあって、

ちょこちょこ買い付けては、常連さんに購入していただいておりました。



憧れていたあのブランドの商品を、まさか自分が売る側に立てるとは.....!



しかしほどなくして、その商社さんも取扱いの契約が切れてしまい、

M0851は完全に宙に浮き、どことも契約を結ばなかったのでしょうか?

久しく日本での購入はできなかったのです(そのはずです。)。



それからまた数年後の今年の早春、突如送られてきたM0851の展示会の案内.....!

しかも送り主は知らない商社.....なのに、え、あなたは???



全く別の商社にいらっしゃった、馴染みの営業の方が、転職してそこに在籍していて、

しかも、筆者がきっと好きなブランドだろうと考えて、

『すみません、勝手に案内状を送ってしまいました!』と......



そういった流れで(長々と書いてスミマセン.....)、この秋冬から取扱いが再び始まるのですが、

その前に、現在お持ちの商品を送ってくださいまして.....



というわけで、今月22日日曜日辺りまで、またまたプチフェアでございます!



IMG_3578.JPG


店頭で色々語りますが、




ココの特徴はとにかく軽い!!!!



そして丈夫だということ。

先ほどの画像を見て、あんな細い持ち手で大丈夫?と思った方も多いのでは?

はい、大丈夫なのです。

その辺りの理由なども、しっかり店頭でご説明させていただきますね。



それでは、今店頭でご覧いただけるカタチの一部を、ザーッと。



IMG_3587.JPG


IMG_3592.JPG


IMG_3599.JPG


IMG_3602.JPG


IMG_3608.JPG


IMG_3612.JPG


IMG_3618.JPG


IMG_3622.JPG


オールレザーの商品ばかりで、しかもベーシックなダークカラーばかりなので

夏っぽさ皆無でスミマセンが......



でもその軽さ、柔らかさのせいか、夏服と合わせても余り違和感なく収まります。

意外にも!

それに今、みーんなかご系のバッグですしね。

一流メゾンの、カッコイイ系ももちろん良いんですが、

ちょっと無骨だけれど、キメ過ぎず、それでいてモード感もある

こんなバッグも新鮮に映るのでは?

まあ一度、来て見て触ってください。



皆さまのお越しを心よりお待ちいたしております。












Mark Kozelek!

良い曲書くし、声も好み。

大人のロック、考え中。




juin 12, 2014

Acne (アクネ) BEATA TENCEL カットソーワンピース!

acne beata tencel 1.jpg


いつものacnestudio.comさんのページより拝借。



またちょっと空いちゃいましたね。



さてさて今日ご紹介するのはこれから夏本番に大活躍していただける

カットソー地のワンピースでございます。



IMG_3551.JPG


はい、しょーもないボディー画像でごめんなさい。

一枚目の画像がカッコよい分、見劣りしますねえ。



このアクネさんのワンピ、なかなかスグレモノです。

生地はリヨセル(品名ではテンセルとなっておりますが......)、恐らく!

似たような生地ですがね。

柔らかく、それでいてハリと言うかコシがあって、

ほのかな光沢感が夏の強い日差しにピッタリかと。



いつもいつも言ってることですが、薄着になればなるほど生地感は大事!

高級感溢れるモノを着てください、とまでは言いませんが

それ一枚でシャン!と魅せてくれる生地のモノを意識して選んでくださいね。



で、このコはちゃんとそのように魅せてくれる子なのでご安心を。



IMG_3556.JPG


ネックはスクープっぽいラウンドネック。

それほど開き過ぎないので重ね着のこと気になさらないで大丈夫かと。

良い開き感です。



IMG_3554.JPG


お袖の取り付けはドルマンスリーブ。少し肩から落ちるヤツです。

4分袖くらいの袖丈。

袖口は折り返して縫い付けてあって、表情出ますね。



IMG_3562.JPG


このワンピースもやはり後身頃から前身頃に向かって斜めに縫製されています。

分かりにくいですか?

実際は身幅がそれなりにあるのですが、こういったパターンのおかげで

着た時に正面から見ると意外にスッキリ映るのです。

あと、裾に向かってすぼめているところもポイント。

全体のシルエットがAではなくIラインになるのです。



IMG_3564.JPG


斜めから見ても立体的にストンと良い落ち感です。



IMG_3570.JPG


後身頃はこのようにたっぷりとギャザーを取って表情を出しています。

コレはリヨセルの持つ質感を活かしたデザインですね。

光沢があるので、その分しなやかなドレープが生まれるのです。



ここまでがカラー、ブラック。



IMG_3535.JPG


IMG_3541.JPG


IMG_3545.JPG


もう一色、カラーブルーです。

あざやかで爽やか!



IMG_3533.JPG


言い忘れましたが、ウエストでベルトでブラウチングさせて

このようにチュニックやトップスとしてお使いいただくのも良いかと。

せっかくなのでね。



最後にまたまたacnestudio.comさんの画像を拝借して。

かっこいーですよ。



acne beata tencel 1.jpg


acne beata tencel 2.jpg


acne beata tencel 3.jpg


acne beata tencel 4.jpg






Acne (アクネ) BEATA TENCEL カットソーワンピース

¥19,000 + 税














久々。

ペナぺナで、フレッシュでいいなあ。

晴れてても曇り空でも合いますねえ(笑)。不思議。





juin 03, 2014

Martin Margiela Line 1 (マルタン・マルジェラ) サマーウールクロップドパンツ!

IMG_3495.JPG


スミマセン、パンツ続きます。

しかも同じクロップドパンツ.....

ボトムスとトップス、交互にご紹介したいんですけどねえ.....

フォルダの中の写真がパンツばかりだったので.....



まあ、昨日のモノとは生地もカタチも異なりますから!

と勝手に開き直って紹介進めますね。



さてさて今日ご紹介しますのはマルタンさんとこの

サマ―ウールクロップドパンツ。

正直とってもヤボそうなブツ撮りのルックですが、

そこはマルタンさんのいつもの手口。

おちおち油断はできません。



IMG_3497.JPG


IMG_3504.JPG


うーん、なんだか酷いですね(笑)。

モンペちゃうんやし。突っ込みどころたくさん。

コレ見て魅かれることはないでしょうね.....

IMG_3499.JPG



生地はとても薄手、でも不思議と透け感があまり無いサマ―ウール。

織り地はオックスっぽい感じ。

表情あります。



そしてこの色!

実物の良さの10分の1も伝わらなさそうな酷い画質ですが、

少し青みがかったライトグレー。

このお色目はなかなかお目にかかれません。

INCOTEX (インコテックス) レベルでもこの色、この質感の生地は

そうそう出してこないでしょうね.....



IMG_3500.JPG


IMG_3502.JPG


ポケットはブラインドジップで隠れるという。

生地に配慮してのデザインでしょうか?

うーん、ただ単に手を突っ込む為だけのような気がしますが.....

モノ入れたら映りそうですからねえ。



あまり深く考えないでおきます(笑)。



穿いたところ、見てみましょう!


IMG_2986.JPG


キレイなんですよねえ.....


IMG_2991.JPG


例えば昨日ご紹介の INCOTEX のクロップドに比べて

ワタリなんかは太めですよね。

でも、生地が薄いので動いている時にドレープとなって

脚のラインをキレイに映してくれる一助になるのです。



IMG_2995.JPG


あくまで自然体の、余裕ある大人のパンツなのではないでしょうか。

当然お仕事にもオッケーですし、明るく、でもカジュアルには過ぎない

生地感と存在感のおかげで、Tシャツ1枚で合わせてもカッコよく魅せてくれそう。



値は少々張りますが、この軽さ、生地の気持ち良さは

ぜひ逃さないで欲しいアイテムの一つですね。





Martin Margiela Line 1 (マルタン・マルジェラ) サマーウールクロップドパンツ

¥52,000 + 税












このアルバム“Largo”をやっと聴くことができましたが、

この一曲目が素晴らし過ぎて!

でもアルバム全体では“Highway Rider”に軍配かな.....

いや、そんなこと考えることがくだらなく思えるくらい、この曲は素晴らしい!

タイトルからして、今年の梅雨入りソングですかね。






juin 02, 2014

INCOTEX (インコテックス) グレンチェッククロップトパンツ!

IMG_2529.JPG


しかしここ数日の暑さには参りましたね.....

昨日京都最高気温36℃って!いきなり本気出し過ぎです。

明日からは雲が多くなって.....少しは梅雨らしくなるのでしょうか?

雨降らないと困る方たちもいらっしゃいますからね.....



と、分かったようなこと言い、今日ご紹介するのはINCOTEX (インコテックス)

のパンツ。そう言えば未だ紹介できていなかったシリーズですね。



IMG_3489.JPG


IMG_3481.JPG


一番上のちょっと影のある画像でお分かりかと思いますが

カタチはクロップトパンツ。

ここ数年のこのくらいの着丈のクロップトは

もう少し太めなシルエットも多かったのですが

今シーズンはスッキリ目にマイナーチェンジ。

でもサブリナのようにピタッとしたシルエットとは異なります。



IMG_3484.JPG


IMG_3486.JPG


でもこのパンツの最大の特徴は生地でしょう!

ここまでご覧になって、このパンツの生地はサマ―ウールだと思っている方

多いんじゃないでしょうか?



いいえ、違います。




実は綿麻なのです!



コンポジションはコットン43%×リネン57%。

若干の差ですがリネンの方が主となっております。



きっと.....

『なんで今ごろこんな暑そうなパンツ紹介しとんねやろ.....』

と、思いながらここまで読んでくださった方も多いはず(笑)。

リネン100%などとは異なりますからそこまで涼しいわけではありませんが

でもこれから(いや、もう今からですか)の暑い時期に

ガンガン着ていただけるパンツなのです!



穿いたところ見てみましょう。



IMG_2547.JPG


IMG_2554.JPG


IMG_2556.JPG


最後の写真、色のトーンが異なってしまいごめんなさい。

やはりグレンチェックという柄の力ですね。

全体的に引き締まった印象を与えてくれます。

そう、なのでぜひお仕事用にも着ていただきたいです。

サマ―ウールではなく、コットン地やリネン地で、

夏場にシャキッと魅せてくれるパンツってなかなか見つかりませんから。



IMG_2551.JPG


こういうカッコイイ系、若しくはオッサン系(笑)アイテム、

弊店らしいですよねえ。

自画自賛?スミマセン。





INCOTEX (インコテックス) グレンチェッククロップトパンツ

¥29000 + 税












あるDJさんからいただいたMIXCDに入っていた曲。

初めて聴いた時は、70年代終わりくらいのAOR?

と勘違いしましたが、よくよく調べたら昨年の曲なのですね。



素晴らしい、Early Summer Anthem!

でもアルバム通して聴いたら.....この曲だけ....かな(苦笑)。